◆デリヘルの予約の仕方

ますばデリヘルの予約をします。
基本的にデリヘルは電話での予約になります。風俗街に受付所を設けているデリヘル店もありますが、昔に比べて随分少なくなりました。

コースと希望のデリヘル嬢を決めて予約をします。オプションを付けたい時は予約時に伝えます。
確認のために名前と電話番号が聞かれます。確認できればいいので名前は偽名でも大丈夫です。
電話番号は予約の確認や緊急連絡に使われますので、すぐに連絡の付く番号を伝えましょう。携帯番号が一般的です。

少し前までは風俗街に設置されている受付で直接頼むか、電話で予約をするかの2択でした。今はサイトを持つデリヘル店も増えてインターネットでの予約も可能になっています。直接対面や電話は恥ずかしい、ちょっと苦手、という人には便利なシステムです。

ネット予約はデリヘル店がサイトを有していないと使えません。またネット予約後に確認の電話が掛かってくる事もあります。ネット予約のページに詳しいことが掲載されているので、よく読んでから予約をしてください。

ネット予約はとても便利ですが、やはり受付か電話での予約がお勧めです。デリヘル嬢の好みを伝えやすく、相手の対応の仕方で店の良し悪しも判断出来ます。
ネット予約しかしたことないと言う人は1度チャレンジしてみるのも良いかもしれないですね。




◆デリヘル嬢が来たら…

デリヘル嬢を待っている間ってすごくドキドキ、ワクワクします。
初めてのデリヘルの時はそりゃあもう期待いっぱい胸いっぱい!って感じでした。

期待通りのデリヘル嬢が来た時は問題ないのですが、実際には期待外れのデリヘル嬢が来てしまうことがあります。そんな時はサクッとチェンジをしましょう。

デリヘル嬢に悪いな…と思う人もいますが、彼女達も仕事で来ているプロです。デリヘルで1ヶ月も働けばチェンジされることも当然あります。
要は慣れているので気兼ねせずにチェンジしちゃっていいですよ♪ということです。

チェンジの回数が制限されている店もあるので事前に確認しておきましょう。
デリヘル店のサイトに記載されているか、予約の時に聞けば教えてくれます。

気に入ったデリヘル嬢だったら部屋に招き入れることでOKの合図になります。




◆デリヘルプレイの始め方

始めてのデリヘルの場合、自分からリードしなくてもデリヘル嬢が誘導してくれます。
下手に知識を入れて知ったかぶりするよりは、素直に初めてだと伝えた方がスムーズです。

初めてだから恥ずかしいと思うかもしれませんが、意外とデリヘル慣れしていない方が好かれたりします。
新鮮な反応なので、デリヘル嬢もサービスしていて楽しいのかもしれません。
あとデリヘル嬢をしている人は奉仕精神が強いので1からお世話をしたい!と思う母性本能が刺激されちゃうみたいですよ♪

男らしく自分でリードしたい!という人はデリヘルの基本的な流れを覚えておきましょう!

1. デリヘル嬢は来てすぐに店に到着確認の電話をします。この時にデリヘル嬢や送迎スタッフにお金を支払います。店によっては支払いはプレイ終了後のところもあります。予約時に確認をすることが出来ます。

2. デリヘルではシャワー必須です。デリヘル嬢と一緒でも別々でもOKです。一緒にシャワーした方がイチャイチャしてその後のプレイがスムーズなので、デリヘル初心者は一緒にシャワーお勧めです♪

3. ベッドでプレイ開始! 自分からキスをしたり、「フェラチオして」「全身リップして」など言えば要望通りにプレイをしてくれます。こういうプレイが好き!ということを積極的に伝えた方が楽しめます。

4. 射精へと導かれる快感に実を任せます。フェラチオ、手コキ、素股のどれかでフィニッシュが多いプレイスタイルです。

5. シャワーでスッキリしてプレイ終了です。

ザックリとした解説ですが、大体こんな感じでプレイが進みます。
デリヘル嬢とコミュニケーションを取りながら楽しくプレイしちゃってください♪






◆プレイ後に時間が余った時

射精をしたらプレイは終了です。
でも時間と体力に余裕があれば1度と言わず2度でも3度でも気持ち良くなってOKです。
一応デリヘル嬢に「もう一回お願い出来る?」と聞いてからプレイを続けてくださいね。
本格的なプレイをしなくてもただイチャイチャするだけでも充分楽しめます。もちろん仮眠を取ってもOKです。

初めてでデリヘル嬢と親密になれない、という人はこの時間でデリヘル嬢とお喋りをしたりして距離を縮めることも出来ます。
次にそのデリヘル嬢を指名した時には緊張も解れてさらに気持ちのいいプレイが出来ることでしょう♪